Entries

スポンサーサイト

スペイン編 カサ・バドリョ

日本人観光客の多いのに驚きました。1877年建設の建物をガウディが1904~1906年改築 世界遺産建物の全景です。見れば見るほど不思議な形です。内部に入ると曲線の階段手摺とオブジェが目を引きます。ボリューム万点の壁面タイル 一説によると、海底洞窟をイメージしているそうです。すべてが曲線で構成されています。自然光をうまく取り入れています。このデザインがとても100年以上前のものとは思えません。ちなみに日本は明治39年でした。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。